イタみる ~母の腰痛、骨折かも~

監修:公益財団法人 骨粗鬆症財団 理事長 国際骨粗鬆症財団 理事 折茂 肇 先生

イタみる医院 案内ダイヤル あなたの腰痛の正体を確認できるお近くのイタみる医院をご紹介します。0120-402-184 受付時間 9:00~17:00

イタみる医院に聞く!腰痛と骨折のお話

母のための病院検索はコチラ

TOP >イタみる医院の先生に聞く!一覧 > 第9回 簗瀬 能三 先生

イタみる医院の先生に聞く! 第9回

ドクター・医院紹介
やなせ整形外科 / 和歌山県 和歌山市 簗瀬 能三 先生(やなせ よしぞう)
公式サイトを見る
「腰痛を手術に至るまで悪化させないためには、早期の治療と運動療法が重要です」
インタビュー
腰痛で来院する患者さんは、やはり多いのでしょうか。

外来患者さんの約40%が腰痛を訴えられますね。そして、その症状はだいたい3パターンに分かれています。転倒してたいしたことはないと思っていたけれど、長い期間痛みが続き「おかしい」と思って来院される方。思い当たる原因は分からないけれど、痛みがあって来院される方。そして、バイクや自転車での事故など激しい衝撃を受けて急性腰痛を訴えて来院される方です。この場合は、薬物療法、理学療法、高周波、ホットパック(温熱療法)といった治療を行います。それに比べ、慢性的な「長く続いている痛み」の場合は、骨折を含めてさまざまな要因が隠れていますので、レントゲンやMRIなどでしっかりと腰痛の原因を調べる必要があります。
また、逆に痛みが全くない場合でも「身長が縮んできた」「背中が曲がってきた」という理由で来院された方が、骨粗しょう症による椎体骨折を起こしていることはよくあります。

腰痛を訴える患者さんの治療で重要視していることはありますか。

最も重要なことは、早期に治療を開始することです。患者さんはどうしても腰痛を軽く見てしまいがちですが、腰痛は早期に適切に治療をしないと手術が必要になったり、寝たきりになってしまうこともありますので、早めに腰痛の原因を見極めて、治療をすることがとても重要なのです。
ただ、大きな病院で腰痛を診てもらう場合、予約してから診察まで何ヵ月も待たなければならないことがあります。そのため、待っている間に症状が悪化してしまうことが考えられます。その点、我々のような開業医は比較的迅速な対応が可能なので、もし大きな病院で診察まで時間がかかりそうなのであれば、お近くの開業医にかかって、早めに治療をしていただければと思います。

椎体骨折を防ぐためにはどうしたら良いのでしょうか。

当院では、腰痛予防のための運動療法と、腰痛を起こしてからのロコモティブシンドロームを防ぐための運動を指導しています。骨折の原因となる転倒には、膝の問題、筋力の低下などが関係しているので、予防のために運動が重要になってくるからです。
この運動療法に、薬物療法、食事療法といった基本的な治療方法を組み合わせて、患者さんに合わせた丁寧な治療をすることで、手術に至らないようにするのが私の役目だと思っています。

*筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板の障害により要介護になる危険性の高い状態
痛みを感じながら来院をためらっている方へメッセージをお願いします。

腰痛には、さまざまな原因がありますので、まずは病院へいらしてください。病院で原因をくわしく調べて適切な治療を受ければ、早く痛みが軽くなる可能性が高くなります。特に、骨折が原因となっている腰痛を放置すれば、寝たきりになる確率が高くなることも知られていますし、無駄な手術や入院をなくせば医療費の抑制につながります。このように、腰痛の早期からの治療は、患者さんの将来のために非常に大切なことだと思います。

病院データ
病 院 名 やなせ整形外科
郵便番号 〒640-8444
住 所 和歌山県和歌山市次郎丸167-2
電話番号 073-456-2600
先頭へ戻る

腰痛について詳しく学べる「イタみるBOOK」を無料で差しあげます。ご希望の方は、今すぐ!お電話ください。お近くの病院もご案内致します。イタみる医院 案内ダイヤル 0120-402-184 受付時間 9:00~17:00

もし、自分の母親が腰痛に困っている時は…